EMMA MAEDA

EMMA MAEDA

2013/07/30

「ニーナ ローマの夏休み」

少し前に
「ニーナ ローマの夏休み」の試写へいきました。
8月10日から新宿シネマカリテなどで公開です。
 
そして
感想文、かきました。
 
・・・・・・・・・・・・
白昼夢のような映画。
観終わったあとに劇場を出て現実の世界に戻っても
まだ、ニーナの世界を引きずってしまっている自分がいました。
余韻がさわやかに残る作品です。
とにかく映像が素敵で
「美しいものをみた」という気分。
豊かな気持ちになりました。
 
一時間ちょっとという
劇場映画にしては短い上映時間も
わたしの好み。
 
ローマには古く美しい建築がたくさんありますが
ローマの近代建築が、こんなにもかっこいいとは…。
胸躍りました!
(ちなみにエリザ監督は、建築家マッシミリアーノ・フクサスのお嬢さん)

ニーナには
女性としてお手本にしたいところがたくさん。
ファッションも、真似したくなるようなものばかり。
ラフなショートパンツスタイルやルームウエアスタイルは、
セクシーなのにいやらしくなく、完璧です。
ポール・スミスのお洋服がたくさん登場していて
ポール・スミス好きにはたまりません。
それと、荷物の少ない女性はクールでキュートだと思いました。
ニーナを見習って、さらっと小さなショルダーバッグで街へくりだしたいなあ。
そして、潔く美味しそうにご飯を食べたり飲み物を飲む女性は
非常に感じがいい!
ケーキを自分の為だけにホールで買うって
共感するし、しあわせです。

現実と幻想をいったりきたりしているような映画。
でも、私たちが生きているこの世界も
本当はそんなものかもしれません。
それにしても
管理人の男の子、かっこいいなあ。

 
 
・・・・・・・・・・・